大分県地域成人病検診センターの特色について

サイトマップ
トップに戻る
センターの特色
健康の3本柱

私たち大分県地域成人病検診センターは、
医療の学術専門団体である医師会と、行政(大分市)、
そして地域住民から構成される大分市地域保健委員会の
総意により生まれました。

「健診」「健康増進」「健康教育」を健康を支える三本柱として
昭和53年の業務開始以来、30年以上にわたって
地域の皆様の健康管理とサポートを行なっています。
平成21年には検診機関としては全国に先駆けて
公益財団法人の指定を受けました。

施設認定一覧

健康診断

MRIによる脳の人間ドックから、1泊2日の人間ドック、短期人間ドック、
レディースコース、健康増進コース、最も基本的な一般検診コースまで
ニーズにあった豊富なコースをご用意しています。
2012年には自分の気になる検査項目だけを短時間で検査できる、
「チョコっと健診」を新しいコースとして始めました。

また、大分市当局と連携した市民健診(35歳以上を対象)や
学童健診(幼稚園から県下の高校生)など県下各地への移動検診も
センターの重要な役割です。
さらに、地域の開業医や隣接する大分市医師会立アルメイダ病院と
連携することで、要精検者などの対応も必要に応じて行なっています。

健康増進

健診と並んで健康を増進する、あるいは健康に対する知識を深める
ことも大切だと私たちは考えています。
センターでは地域住民の方々に対して休養・栄養・運動の3つの視点から
アプローチを行なっています。

休養面
ストレス対策や過重労働相談などメンタルヘルスに関する
健康づくりについて医師・保健師・心理相談員(THP)が対応します。
栄養面
生活習慣病予防及び改善を目指し、食生活の振り返りから
実践まで管理栄養士が健康づくりのお手伝いを致します。
運動面
各種トレーニング機器やランニングースを持ったトレーニングルームを備え、
健康運動指導士が自転車エルゴによる負荷テストをメインに
体力測定を実施し、安全かつ効果的な運動指導を行います。
また、スポーツ選手のための、呼気ガス分析・筋力測定など、
より専門的な測定も実施しています。

健康教育

センターではもっと健康について知りたいとお考えの皆様のために、
様々なお手伝いをしています。
館内には、ビデオ、DVDなど視聴覚教材を利用した健康教育システムや、
一人でも見られるVTRコーナーを設けています。
その他にも、AVホールや展示ホールを利用した健康指導を実施しています。

館外では、医師・保健師・管理栄養士・健康運動指導士等の
専門スタッフによる各種セミナーや教室を実施し、
地域や職場の方々の健康の保持・増進に取り組んでいます。