当センターでの感染対策の取り組みについて

お客様に安心して健診を受けていただけるよう、当センターでは下記の通りスタッフの健康管理、健診における感染対策を行っております。

スタッフの健康管理について

  • 出勤前に各自体温測定を行い、発熱がある場合や、せき、のどの痛み、倦怠感などの症状がある場合には出勤を控える。

  • 勤務中はマスクを着用し、手洗い・手指消毒、咳エチケットを徹底する。

健診における感染対策について

24時間換気システム稼働中を表示する張り紙
24時間換気

館内は24時間換気システムを導入しており、適宜窓を開けるなどして十分に換気を行う。

視力検査機器の清拭の様子
機器の消毒の徹底

担当者や受診者が直接触れる検査機器などはその都度消毒(検査や機器の性質上消毒が難しい場合は清拭)を行う。

ビニールカーテンの設置状況
ビニールカーテンの設置

対面式の受付や問診コーナーでは職員と受診者の間に透明のビニールカーテンを設置する。

ロッカーの取っ手の清拭の様子
館内設備の適宜消毒

階段の手すりやエレベーターのボタン、更衣室のロッカーなども適宜消毒を行う。

間隔を空けた椅子のと注意喚起文書
ソーシャルディスタンスの保持

待合の椅子は間隔を空けて使用していただくため、一部座席を使用禁止とする。

トレーニングルームにおける感染対策について

三密対策の取り組み

  • 密集 時間帯毎の入場制限、完全予約制

  • 密接 トレーニング機器の間引及び体操時のスペース確保

  • 密閉 24時間換気システム及び定期的な窓開放による換気

感染拡大防止策の取り組み

機器および利用用品の消毒の様子

トレーニング機器及び使用用品のアルコール消毒

入場制限、および入室時アルコール消毒の様子

完全予約制による入場制限、および入室時アルコール消毒の徹底

マスクを着用しているイラスト

トレーニング時のマスク着用

飛沫防止パーテーション・フェースシールド

体力測定時の飛沫対策(飛沫防止パーテーション・フェースシールド)

ソーシャルディスタンス、シャワーの使用制限、ロッカーの間引き使用の様子

トレーニングルーム内のソーシャルディスタンス、シャワーの使用制限、ロッカーの間引き使用

新型コロナウイルス感染防止対策について

  1. トレーニングルーム内では、常時マスクを装着して下さい。

  2. トレーニング中に退室され再入室する場合はアルコール消毒をお願いします。

  3. トレーニング中の会話は最小限にお控え下さい。

  4. マシーントレーニングは間隔を空けてご利用下さい。

  5. ストレッチマット使用後は、そのまま(拭かずに)所定の位置へ置いて下さい。

  6. シャワー室のご利用は当分の間お控え下さい。

  7. 窓の開閉の際は、トレーナーにお尋ね下さい。

  8. 次回のトレーニング予約は、2週間後まで可能です。