センターの特色

市内眺望

健康の3本柱で、地域の皆様の豊かな毎日を支えます。

私たちおおいた健診センターは、医療の学術専門団体である医師会と、行政(大分市)、そして地域住民から構成される大分市地域保健委員会の総意により生まれました。

「健康診断」「健康増進」「健康教育」を健康を支える三本柱として昭和53年の業務開始以来、30年以上にわたって地域の皆様の健康管理とサポートを行なっています。 平成21年には健診機関としては全国に先駆けて公益財団法人の指定を受けました。

シンボルマークについて

ロゴマーク画像

シンボルマークの円とハートは人を表現し、輪を作ることでたくさんの人との関わりを表しています。使用されている緑、黄色、ピンクの3色はそれぞれセンターの三本柱である「健康診断」「健康増進」「健康教育」を表しています。

施設認定一覧

認定機関 認定内容
厚生労働省 健康増進施設認定
厚生労働省 指定運動療法施設
日本総合健診医学会 優良総合健診施設認定
日本乳がん検診精度管理中央機構 マンモグラフィ(乳房エックス線写真)検診施設認定
公益財団法人産業医学振興財団 職域健康診断実施機関認定

健康診断

MRIによる脳の人間ドックから、1泊2日の人間ドック、短期人間ドック、 レディースコース、健康増進コース、最も基本的な一般健診コースまで ニーズにあった豊富なコースをご用意しています。

また、大分市当局と連携した市民健診(35歳以上を対象)や 学童健診(幼稚園から県下の高校生)など県下各地への移動健診もセンターの重要な役割です。さらに、地域の開業医や隣接する大分市医師会立アルメイダ病院と連携することで、要精検者などの対応も必要に応じて行なっています。

健康増進

健診と並んで健康を増進する、あるいは健康に対する知識を深めることも大切だと私たちは考えています。センターでは地域住民の方々に対して休養・栄養・運動の3つの視点からアプローチを行なっています。

休養面

ストレス対策や過重労働相談などメンタルヘルスに関する健康づくりについて医師・保健師・心理相談員が対応します。

心の健康をサポートします

栄養面

生活習慣病予防及び改善を目指し、食生活の振り返りから実践まで管理栄養士が健康づくりのお手伝いを致します。

食生活の振り返りをサポートします

運動面

有酸素系トレーニング、筋力系トレーニングなどの各種トレーニング機器を取り揃えたトレーニングルームを備え、自転車エルゴによる運動負荷テスト等の結果をもとに、健康運動指導士が個人に合った安全かつ効果的な運動指導を行います。

また、スポーツ選手には、各競技種目、ポジション、個人の特性などを踏まえ、より専門的なトレーニングが可能です。

健康教育

センターではもっと健康について知りたいとお考えの皆様のために、様々なお手伝いをしています。

医師・保健師・管理栄養士・健康運動指導士等の専門スタッフによる各種セミナーや教室を実施し、地域や職場の方々の健康の保持・増進に取り組んでいます。その他、ご興味のある方はお気軽にご相談下さい。